元気ってなに?

最近、テネモスのユーザーさんから、
アグアシリーズの酵素水をプレゼントされて、

「これ、どのように使ったらよいの?」

とか

「これは、飲んでると、元気になるの?」

などとお問い合わせをいただくことが増えている感じがします。

ありがたいことです。




そのような時は、そもそも「元気」というものについて、

お話しすることにしています。


「テネモスでは、基本的に、物質の何が良い、何が効くとかはお伝えしていません」


「元気というのは、エネルギーを引き込んでいる状態としてみています。

 どのように引き込んでいるかというと、体の細胞たちが、

 微細な振動を起こして、体の中の振動圧力が、

 体のまわりの大気の振動圧力よりも、高くなっている状態をつくることで

 引き込んできています。・・・という仮説をもとに見ています」


「へぇ、おもしろそうですね」


「そう、面白いんですよ。

 例えば温かいものと、冷たいものが隣り合うと、必ず中和しようとするでしょ。

 この中和しようとする力が、エネルギー。

 たったひとつのメカニズムとも言っています。」


「ふーん」


「よく醗酵食品が体に良いと言われるでしょ。

 あれは、味噌なら、大豆微生物さんたちを麹菌やお塩で培養して、たーくさん増やすから

 そこには、味噌菌がいっぱいで、細かい振動を作り出すので、

 それを中和しようとする振動を、引き込んでくる状態が起こるんです。



 だから、その『状態』を食せば、体に引き込んでくる条件ができるので、

 本来の状態を保ったり、回復したりするんですね。


 自然治癒力というのは、この 内圧>外圧 の注ぎこんでくる条件が出来ているとき、

 自然に、当たり前に、はたらく、状態維持、蘇生、発酵の変化の様子と観ているんです。


 たったひとつのメカニズムが全てを営んでいるという観方から

 逆算してみているので、そう見えてくるんですね。

 
 教科書に書かれていることと、異なる観方になる部分もあります。

 表現しにくいこともあるのですが、結果が教えてくれるので、

 自然界のメカニズムに偶然はないはずですから、素直に、向かい合って

 研究開発を続けているところです。」



「なるほど。そういう考え方なんですね。おもしろいですね。

 じゃぁ、何年も醗酵させているんですか」



「そうなんです、本当によい酵素をつくろうとすると、何年もかかるというのが

 常識だと思います。でも、

 発酵も、たったひとつのメカニズムに沿ってみると、

 『 エネルギーを注ぐ条件づくりが出来ている状態 』ということなのですね。

 だから、そのメカニズムが見えているなら、どんどん注ぐ条件を作ってあげることで、
 
 醗酵の促進が出来ても不思議ではないですよね。」

 ・
 ・
 ・  

 テネモスの酵素水シリーズは、

 限りなく細かい状態にして、多要素の微細な微細な振動をつくりだしている

という表現にもなります。

 

-----------------------------------------------------------

最近美容室さま方面でも、アグアシリーズをご利用されているところが増えてきているようです。

主に、パーマ液やカラー剤の活性処理液などとして、お使いになられています。


どの材料に、アグアをどのくらい入れるかは、

それぞれのお家の味付けみたいなもので、一割程度や数滴など、どの程度というのはまちまちです。

カラー剤を水で溶くときに、どのくらい入れてあげるか・・・

カラー剤の材料もちがう、水の状態も違う、それはやってみないと分からないですよね。

濃ければよいというものでもないですし、

適量、少量をうまく使いこなすと、経済的にもよいです。



酵素水と水を混ぜるときにも、引き込む(内圧>外圧)条件にしてあげることで、

さらに効果は倍増します。


最近、なんちゃってパティシエをしているのですが、

たった一つのメカニズム視点にとても教えてもらえます。


例えば、ビスケットに、バターをなじませる時、どうするか。

バターを溶かして、混ぜてあげると、すっとなじむわけですが、

バターを溶かす、溶けるのは、熱振動で内圧を高めて、引き込む条件を作ってあげているからです。



ビスケットを、髪の毛に

バターを、カラー材に

見立てると、バター(カラー剤)の状態で、髪への浸透具合が変わって来て、当然だな

という観方になります。


ここで、大事なのが、

溶けて状態が変化しているのと同時に、

引き込む条件なのか、逃げ出してしまう条件なのかというところです。

食品で例えると、発酵なのか、腐敗なのか、ということです。


引き込む条件で、仕上げた料理は、調理後も長持ちします。

保管する条件を整えてあげると、そのまま発酵熟成し続けます。

カラーの色がしっかり入って落ちにくいというのも、同じなんでしょうね。



内圧の高い、発酵条件にすると、

ヒリヒリしたり、はれたり、肌が悲鳴を上げることがなくなります。


ヒリヒリなどは、皮膚が呼吸困難になって、一生懸命引き込む条件を自ら作ろうとしている姿です。

熱が出るのは、フライパンであっためて、引き込む状態をつくるのと一緒。

腫れるのは、表面積を増やして、引き込む範囲を増やしている姿にみえます。


だから、しっかり呼吸のできる

引き込む条件をあてがってあげると、

肌も喜ぶんですね。


手2.jpg
美容師さんのきれいな手。



空気を元気に、水を元気に、

お料理も元気に、

お肌も元気に、

空間も元気に、



元気は、・・・美しい。


ーーーー
以上
お問い合わせ窓口より。