テネモスランドの花壇での実験

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
弊社の商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************


こんにちは。

新しい季節のはじまる4月。

きれいに咲いている木々やお花たち。

当たり前なんだろうけど、ちゃんと季節がわかるんですね。

野の草花にも、一雨ごとに成長するスピードには驚かされます。



ところで、野菜や、お花の栄養はなんでしょう。

チッソ、リン酸、カリ

とよく聞かされますね。

肥料袋には、その配合が割合で記載されています。

それらを与えると確かに育ちが良くなります。

でも、俯瞰してみてみると、

肥料をあげて良く育つ。「めでたし、めでたし」とはならず、

上手く育たたない。病気の症状が出る。

・・・農薬をつかう。体に心配。

という結果も出ているのは事実でしょう。




なぜでしょう?


結果には、原因があります。

「求めない結果」が出たのには、

原因にも、同じように「求めていない原因」があったということです。


不健康な結果

→ 不健康な原因(考え方)

→「考え違いを起こしているかもしれない」という観方をしてみる


すると、考え、行動に変化が起こりますから、

間違いなくその変化した分だけ、結果も変わってきます。




テネモスランドの花壇での実験は、この視点で行っています。

肥料を施す。

肥料を土壌の微生物たちが、食べる、排せつする。

そして土壌微生物が増える。


植物も、土壌微生物に分解されて細かくなった肥料を

根っこの微生物たちが、食べて、

根っこ微生物が増殖します。


同時に地上では、太陽の光をあびて、風をうけて、

葉っぱ微生物たちも、増殖します。

そして、地上と地下で、成長を支えあいます。


根っこ微生物が増えると、葉っぱ微生物が増え、

葉っぱ微生物が増えると、根っこ微生物もバランスをとるように増えます。

まるでシーソーのように。




「では、肥料とは何なのでしょう?」

と考えると、物質ではなくて、

微生物が動いている、増殖して増えている、その振動そのものではないのか?

という観方が出来てきます。



鐘でも、なんでも、振動すれば、それを止めるはたらきが起こります。

もしかすると、その止めるはたらきが、エネルギーそのものなのではないか。

と、考えているのですね。


鐘なら、その素材によって音が変わるように、

土壌微生物なら、楽器の形が異なると音色が変わるように

その姿によって・・・それが特性として現れていると観えてきます。



そして、この止めるはたらきそのものが、エネルギーと捉えると、

☆☆ が必要。

◇◇ がなければダメ。

という不安がなくなりませんか。


あれがなければ、これで。

これがなければ、あれで。

「要は、微細な振動を生み出せば、エネルギーは注がれるのでしょう!?」と。




そんなことを考えながら、テネモスランドの花壇には、

風からの電気振動を、培養、増殖させて、

大地に戻してあげることにより、

肥料効果が現れるのかの実験をしています。

IMG_2863.JPG
・・・(テネモスショップの屋根に風力電気振動増殖システムがあります)・・・



するとやっぱり違いが見受けられます。


一回目は「本当かな?」と思っても、

土を足して、土壌の条件をほぼそろえ、

季節を変えて、お花の種類も変えて、試してみると、やっぱり違いがでます。

201609kadan.jpg
・・・写真:新しく花壇を整備した様子 H28年9月・・・




お花の成長が、ちょっと違うといえば、それまでなんですけどね。

でも、その違いを、考え方の確認として受け取ると、

何が変わりますか?


そう、原因が変わります。

考え方、意識が変わります。

・・・すると、おのずと結果が変わります。


こんなことを実践し続けているテネモスランド。


テネモスキッチン分かち合い会では、

このたったひとつのメカニズム視点を、分かち合います。


美味しい肥料、堆肥作りも、

美味しいケーキの生地づくりも、

ポイントは、発酵。



微生物を増殖させて、その振動を止めるエネルギーを引き込む。


体の健康の仕組みも同じ・・・。

ならば、微生物いっぱいの、振動いっぱいのものを食すと、元気になるはず。

なるほど、これが本当の発酵食品なんだな・・・。

実践の中から、土が、小麦粉が、教えてくれる世界。


大自然を営む「たったひとつのメカニズム視点」という考え方は、

すべてに応用できる世界です。


そんなことを考えながら作ったデザートと過ごすひと時。

「テネモスキッチン分かち合い会」よろしかったら、ご一緒しましょう。


開催日の詳細は、こちらイベントページをどうぞ。
http://shop.tenemos.jp/?tid=1&mode=f3

開催記録をminiBOOKにしました。
PDF版はこちら

ーーーーーーーーーー
(追伸)

お花の成長具合の違いは、
これから5月いっぱいまでが見頃と思います。

寒い季節を乗り越えて、大地にしっかり根をはり
春を謳歌している姿は、
なんとも表現できませんが、
行き交う人たちを楽しませてくれます。

機会がありましたら、ぜひビオラさんたちに会いに来てくださいね。